すべてはありふれた日常の中に
<   2009年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
悪魔の1週間 2
ユナの熱もぐんぐん上がり、もちろん39度超え。
それに引き換え、ハルナはすっかり平熱のまま元気でした。
気になっていたタミフルも、
ウイルスが死滅するまでは飲ませた方がよいとのことで続行。

翌日は二人ともなんとか復活か??
と思いきや、その夜またハルナが40度越え。
座薬を入れ、ひたすら水分補給で寝たり起きたりで苦しそう。。
さすがに脳や内臓に後遺症でたらどうしよう等、
疲労であまり働いてない私の頭もぐるぐる。。。

その翌日もユナがやはり39度超えで座薬投入。
しかし朝にはすっかり元気でした。
普段からよく食べるユナちゃん、39度出ててもしっかりご飯は完食。
多少の下痢はあるものの、嘔吐もなく、それだけが唯一の救いでした。
しかし、なにもかも油断できない!!
そしていつ終わりがくるのやら。。

後々先生に聞くところによると、インフルエンザは一度平熱に下がり、
再び高熱がでるのは普通の症状だそうです。

そして木曜日の夜。
再びハルナが39度5分でした。
もう泣きたい気分ですが、そうもいっちゃいられない。
翌朝、かかりつけの小児科へ二人を連れていくと、それぞれの結果は。。

ユナは合併症による軽い中耳炎(薬で治るとの事)
ハルナは
「左胸の下あたりに雑音があるので、すぐに大きな病院で調べてもらってください。
肺炎の恐れがあるから入院の可能性が高いわよ。」
と言われました。
それも短くて3日らしい。。
やはり3度目に高熱がでる症状は明らかに合併症をひきおこしているらしいのです。
80%の人がインフルエンザの後にはなんらか合併症を患うそうで。。
ほんとににっくきインフルエンザ!!
今まで他人事のようでしたが、こんなに恐ろしい病気とは。

くらーい日記でごめんなさい。
しかしまだ続きます。。。
[PR]
by 1000happiness | 2009-02-14 21:37 | ムスメ達
悪魔の1週間
それは6日(金)に始まりました。

久々のお友達とおうちでパンランチをしてはしゃぎまわって遊び、
大好きなドリアをたらふく食べてお風呂。

「寒い。。。」

といい始めたので、お熱でそうだなーと20時半早々に就寝しました。

そして22時半、体が異常に熱い!!39度3分。
もしやもしやと思いながら、氷枕やひえぴたをしながら1晩様子をみることに。
朝には38度台に下がっていたものの、小児科へ。

でました。
インフルエンザA型。
嫌な予感的中でしたが、私にとっても身近にかかったのは人生初。

とりあえず元気なユナが心配だったので、
(なんせ1歳未満で予防接種を断られていたので)
すぐに実家に預けました。
幸い哺乳瓶でフォローアップを飲んでくれていたようで。。

タミフルを服用するには抵抗があったけど、そうは言ってられないし、
とりあえず一人にはさせない(異常行動を防ぐため)ようにと先生。
それからはずっと39度を上回り、ひたすら水分補給。
1時間寝ては5分ほど起きるの繰り返しでしたが、
なんとか明け方には汗をびっしょりかき始め、
なんどか着替えさせているうちに熱が下がってきました。
すると元気!元気!
作ったおじやもしっかり食べて、遊び始めました。

ほっとしたのもつかの間、なんだか私がとっても寒い。。。
はい。
昼過ぎには39度3分でした。
元気なハルナが氷枕もってきてくれたり、お茶もってきてくれたり。。
病み上がりなのにごめんよーと思いながら、体が全く動かない。
トイレも四つんばいで行く始末。
気づいたら意識が遠のいていく私の横で、レゴしたりお絵かきしたり一人で遊んでいたようです。
「ママー、おうどん食べたいー」
にも答えてやれず、テーブルにおいてあった三色団子を食べていたようです。
ごめんよぉ。

そして18時にパパ帰宅。
病院に連れて行ってもらったのですが、あまり記憶は薄く。。。
でもインフルエンザは陰性で、また明日検査にきてくださいとのこと。
そんな折、様子がおかしいユナを母が病院へ連れて行くと。。。

インフルエンザでした。

まだまだ続く。。。
[PR]
by 1000happiness | 2009-02-14 08:20 | ムスメ達